top of page
七彩の鉛筆画の作画

​​略歴

プロフィール

幼少期から画材を選ばず描き始め、デザイナーを目指すようになる。
愛知県立起工業高等学校 デザイン科で、
自由な表現のためのスキルを学んだのち、
名古屋造形系術短期大学にて日本画を専攻。

以後、ガラス工芸ギャラリー、美術館等で勤務しながら制作し、個展・グループ展を中心にフリーで活動。

2000年 グリーティングカードのデザイン・制作・販売会社設立に伴い折筆。
(同年結婚するも、8年後に終止符を打つ)
2015年 会社を閉鎖してフリーランスへ転業。
以後、デザイン専門学校にて非常勤講師、広告デザイン請負、絵画教室など個人で複数業を兼務。

15年間の折筆後、初めて取った筆が色鉛筆。

色鉛筆による「ペットの肖像画」を承り、ブログで描き方や表現方法の紹介を始める。

https://portorait.blogspot.com/
2013年「七彩(なないろ)の鉛筆画」を考案。
きっかけは、国土交通省管轄の公園内で、絵画のワークショップをしないかと知人から打診されたこと。
小さなスペースで、準備や片付けが簡単で、気軽に・無意識に自分の表現ができる
セルフヒーリングを兼ねた描画方法がないかと
考えた結果。
これによって、自分自身が色鉛筆の魅力に気づき、表現の可能性に対する模索に魅力を感じはじめる。


2021年 移住
国際平和美術展2021出品(東京→N.Yカーネギーホールギャラリー巡回)
初の色鉛筆画「A moonbow」で
英国王立美術家協会 名誉会員を賜席。
2022年

日本の美術~全国選抜作家展~にて、色鉛筆画「月が私を見ている」で審査員特別賞受賞。
MINELVA2022 上記名誉会員による展覧会出品(ロンドンMALLギャラリー)
2023年
ART BREND2023 色鉛筆画「忘却」出品(フィレンツェBASSOにて)

 

私自身が、どこまで表現を突き詰められるか、追い続けられるか。
まさに、”自分を試して遊ぶ”気持ちで精進してまいります。

bottom of page